岸谷香・渡辺敦子 おりあつ 追加ライブ
〜もいちど、やりたい放題2014〜


2014年3月16日(日) 東京 Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE [1st・2nd]
2014年3月23日(日) 大阪 Billboard Live OSAKA [1st・2nd]
私が行ったのは東京の2ndです。

セットリスト
1.HEART STOMPIN' MUSIC
2.SWEET VALENTINE
3.彼氏がほしい
4.旦那がほしい(彼氏がほしいのあっこちゃんバージョン)あっこちゃん歌・香ちゃんベース 歌詞はこちらから
5.純愛
6.Snow Bird(カタカナで「スノーバード」かも)きょんちぁん作詞・新曲
7.ムーンライト・ストーリー
8.くいしんぼ天国
9.ジュリアン

EC
10.パパ
11.Diamonds

ライブのメンバー
渡辺敦子:コーラス・ベース(明るい色のスペクター・EURO4LXでしたね)
岸谷香:ボーカル・ピアノ・キーボード・ベース(フェンダー社コロナドのベースですね 2014-02-22 運命のベースだとか)
河合マイケル:パーカッション
u-zhaan(ユザーン):タブラー(タブラとも。太鼓の一種、インドの民族楽器)
渡辺シュンスケ:キーボード・ピアノ


感想 ざっとだけ。
東京の2ndに行ってきました。 会場に着いたときにはすでに「おりめし」ちくわフリットは完売で、オリジナルドリンクはDiamondだけでした。 「おりめし」食べてみたかったんだけどなぁ〜、残念。 グッズは「おりあつ温泉タオル」のみです。 ライブ会場名と日付が入っています。 ベストアルバムの予約受付をやっていました。 会場で予約するともれなくミニサイン色紙がもらえます。 途中で色紙が足りなくなったようで、私はアルバムと一緒に色紙が届く予定です。 東京限定ということですが、大阪でもやってほしいですね(ブログには現在調整中とのこと)。

曲の合間にしゃべる(MCが入る)という構成です。
やっぱり、あっこちゃんの話は相変わらずおもしろいですね。 今回履いている靴はゴールドで、中敷きは自分の足に合わせた特注品で、「足は第2の心臓だよ」と力説していました。 足には全身のツボが集まってるからそう言われてますよね。 そして、ふくらはぎも第2の心臓と言われていますね。
あっこちゃんコーナーでは、「将軍様(あっこちゃん)は来年きょんちゃんと走るんですか?」と聞かれていました。 「私こう見えて結構忙しくて、月に5〜6日は働いてて…」と答えてました。 「週5〜6日じゃないの」会場から声がしても、全く何も気がつかずに話していました。 香ちゃんにまで「週5〜6日じゃない?月って言ってたよ」と言われて「私、週と言っていたつもりだった」と答えて笑えました。
あっこちゃんは花粉症で、ファイテンの相澤さんから「酪酸菌」が効くと言われて飲んでいること。 今日は鼻栓してないからねと言っていました。
プリプリ再結成で「だからハニー」のほかに結局ボツになった曲ってありますか?という質問が出ました。 「KEEP ON LOVIN' YOUとか、瞳だけはみつめないとか。ROMANCIN’BLUE?これはやったか」と答えると会場からはおおーっという声がわいていました。 ROMANCIN’BLUEはやっていますね。
「クレクレタコラ」ネタ、知っている人は大爆笑でした。

香ちゃんの話は、u-zhaanさんがこのライブに参加したきっかけを話したり、最近きょんちぁんに詞を書いてもらっていること、 前日は長男チビゴ君の小学校の卒業式だったこと、赤坂小町時代マネージャーから「ガチャ」というあだ名で呼ばれていたこと、 今年のソロライブ東京では追加公演を考えていること、ベストアルバム発売の告知もしていました。
「Snow Bird」はバート・バカラックをイメージして作ったとのこと。 彼が来日するのでもう絶対にライブに行くと言っていました。 その理由は… 15年前、バート・バカラックのライブチケットを入手したので、1泊3日でイギリスまで見に行こうと思った。 そしたら小さな仕事が入ってしまって行かれなくなってしまった。 マネージャーが市ヤンだったらその仕事を断っていたんだけど、当時は別の人がマネージャーだったので断りにくくて泣く泣く諦めた。 仕事を断ってでも見に行けばよかったと後悔している、と言っていましたね。

「Snow Bird」はきょんちぁん作詞の新曲でデモバージョンでの披露。 1stでは間違えたけれど2ndでは間違えなかったとご満悦。

「旦那がほしい」は歌詞があっこちゃんの半分リアル本音の自虐ネタみたいな感じでした。でも笑えるように仕上げているのがあっこちゃん、さすが。

話の中でu-zhaanさんの紹介がありました。 香ちゃんはアマチュアバンドで最初にコピーしたのがYMOの「ライディーン」で、テクノ系も好きと言っていました。 去年、細野晴臣さんのライブに行ったらバックにu-zhaanさんが出ていて、タブラーの音色に惚れ込み「この人と一緒に仕事がしたい」と思い、スケジュールが空いていたこともあって実現に至ったということです。 そしてu-zhaanさんのタブラーの演奏からマイケルさんのパーカッションが加わって、「ムーンライト・ストーリー」に入っていくという流れになりました。

「ジュリアン」は95年の音楽会や97年のライブと同じアレンジの香ちゃんのピアノの伴奏から入り、2番からあっこちゃんのベースが入るという構成でした。

ラストの「Diamonds」は香ちゃんと渡辺シュンスケさんとのピアノの連弾を聞かせてくれました。

最後はアンコールが終わっても手拍子が鳴り止まず、香ちゃんとあっこちゃんがビール(スーパードライ)片手に再登場。 客席と一緒にライブの成功を祝って乾杯をしました。

この日は思いっきり笑って心がほぐされるライブでした。
あっこちゃんが「また、おりあつ演ります!」と言っていたのでスケジュールの都合がついたらまたどこかでやるかもです。 もしやるなら、今度はもう少し大きな会場でやって下さい。



 解散後の活動 へ戻る

サイトマップに戻る
トップページに戻る