岸谷香 準備体操ライブ〜さびないようにね!パート6〜 〜FINAL〜

2013年4月27日(土) 福岡イムズホール 福岡
2013年4月29日(月・祝) なんばHatch 大阪
2013年5月3日(金・祝) 仙台Rensa 仙台
2013年5月5日(日) 名古屋ダイヤモンドホール 愛知
2013年5月11日(土)、12日(日) ZEPP DiverCity 東京   この2日間行ってきました。


セットリスト

1.THE LAST MOMENT (香ちゃん:ブルースハープ)
2.MERODY MERODY
3.キッチン
4.世界でいちばん熱い夏
5.あいのうた
MC
6.だからハニー
MC
7.Sweet Sweet Home
8.初恋地獄
MC
9.Cry Baby  新曲:富田京子作詞  昔よりもいい感じよ、という歌詞が印象に残った。
10.ムーンライトストーリー
MC
11.くいしんぼ天国 (香ちゃん:黒のカスタネット)
12.ラブレター (香ちゃん:ベース)
13.ROLLIN'ON THE CORMER (香ちゃん:黒のカスタネット)
MC
14.錆びつきブルース
15.VANISHING
16.ラズベリーヒル
17.愛の戦士
18.シャウト!
19.ROCK ME
メンバー紹介
20.ハッピーマン

EC1
MC
21.M
22.Daiamonds

EC2
MC
23.新曲(タイトルまだなし)  作詞・作曲:岸谷香 (香ちゃん:ベース)


ライブのバックバンド。
丸山天使:ギター
中川量:ベース
朝倉真司:ドラム・パーカッション・カホン
河合マイケル:パーカッション・ドラム
渡辺シュンスケ:キーボード・ピアニカ・ギター


5月11日、プリプリのリーダーあっこちゃんが来場。
おりあつ2ショット。
http://ameblo.jp/kaori-kishitani/image-11528712034-12535293345.html
http://ameblo.jp/atsuko-watanabe/image-11528609100-12535076596.html
5月12日、ミッツ・マングローブさんが来場。
二人とも目立っていました。特にあっこちゃん、ライブが始まる前から目立ちまくってました。
みんなが2階席を振り返って見てました。


ライブの感想とMC

思い出しながら書いているので、聴いたニュアンスの違いがあるかもしれません。。
最初の第一声は「ただいま!」。
音楽に帰ってきたという意味合いだそうです。
6曲目の「だからハニー」は、プリプリで聴きたかったです。
やっぱりコーラスがないのは淋しすぎます。
香ちゃんのソロライブで歌われるプリプリの曲って、
「コーラスが足りない(抜けてる)〜」そう思ってしまうことがたびたびあります。
9曲目「Cry Baby」、湘南ビートランドでも話に出ていたきょんちぁんが香ちゃんに書いた詞です。
「昔よりも いい感じよ」というフレーズとメロディーが印象に残りました。
この曲はさよならの歌なんだけど、ライブが終わった後このフレーズを思い出し、
プリプリの再結成を通じて5人の絆がますます強くなったのかなとか、いろんなことを思ってみました。
香ちゃんは「あー楽しくてたまんない、この時間が終わっちゃうのがもったいない、もっと続けたい」と
たびたび言っていて、ツアー途中からブルースハープとか挑戦したりして、
完全音楽モード突入で今まで以上にいいライブでした。
解き放たれた感があったかな。

MC1
次の曲はプリプリの再結成できょんちぁんがやりたがっていた曲。
きょんちぁんは「この曲をやると、ほかのアイドルバンドや女の子バンドと違うんだよ。
箔がつくというか」ということを力説していた。
うまくできなくて半年たってまたやる時に同じことを力説し、
また半年たって同じことを繰り返し上手くできないからプリプリではやらなかったという。
きょんちぁんの力説の香ちゃんの言い回しが、感じが出てて面白くて爆笑しました。
きょんちぁんの無念を晴らすと言ってましたね。
この「だからハニー」はプリプリで聞きたかったです。
コーラスがないのは淋しすぎる、などのファンの声をわかった上で、
ちゃんと弾きこなしてくれるバンドメンバーがいるからこの曲を取り上げてくれたと思っています。

MC2
11日は「だからハニー」のギターソロがうまくできたと喜んでました。
娘さんが見に来ているのでMCがやりづらいと言っていました。
同棲の話だったからね。
プリプリ時代にものすごく同棲したいと思った相手がいたんだけど、
イチヤンさんがいてスケジュールがあっていろいろあって同棲できなかった。
お父さんと違う相手だってわかっちゃうじゃん、というようなことも言ってましたね。
解散後すぐにDさんと結婚してしまったので、やり残したことの一つが同棲だったと話してました。
もうできないけれど歌の歌詞でならできると思って書いた曲がある。
それはこんな感じで〜と、MCの語りから詞を読む感じで曲に入っていく演出になっていました。
12日は「楽しくて楽しくてたまんない」「子供が来ていないとMCが楽」と言っていました。

MC3
曲が終わった後「娘が来ているのでここはどうしようかと」「他ではいろんな話をしたんだけどね」と話し、
「プリプリ時代の武道館はお母さんが見に来ていたからやりにくかった」とも言っていました。
ブログにも書いていたギターの弦を逆に張ってしまった話、12日は野音の楽屋での話も出ました。
楽屋話は過去の失敗の話をみんなでしたそう。
藤井フミヤさん・石井竜也さん・宮田和弥さん・香ちゃんがいて、
森山直太朗さんが話を聞いているというすごい場面。
フミヤさんの失敗談が出て、香ちゃんは去年の幕張でのあの「M」の失敗を話したそう。
石井さんが知らなかったらしく、ホントに「ほにゃらら〜〜」と歌っちゃったの?とか、
(とっさに)ここは泣く所ですって言えばよかったのにとか言っていたそう。
フミヤさんのハードケースに入った12音階のブルースハープのセットを見て、やってみようと思い立ち、
山野楽器へ行ってあるブルースハープを全部試し吹きをして一番いい音のものを購入したこと。
ついでにカスタネットも同じよう叩いて、一番音のいいものを選んだこと。
ブログに載っていた山野楽器の袋の中身は、ブルースハープと教則本と黒いカスタネット。
カスタネットつながりで、「世界ウルルン滞在記」の第1回に出演してスペインへ行った話も出ましたね。

MC4
今後の予定。アルバムは制作が大変だから出す予定はないとのこと。
8月31日、新潟の夏フェスに出ます。
名古屋で余分なことをしゃべりすぎてイチヤンにお説教された。
何を話したのか気になります。
東京ドーム後の話。
本来は東京ドームライブで終わる予定だったんだけど再結成の反響は大きくて、
FMS歌謡祭・Mステスーパーライブに出ませんかとという話になった。
ソニーのスタッフからは「12月31日はどうしてますか?」と聞かれる。
「旅行にでも行こうかと」と答えたら、「日本国内にいて下さい」といわれた。
何だろうと思ったら紅白の話だった。
あっこちゃんが紅白にものすごく出たがっていた(著書にも出てもいいかなということを書いてましたね)。
1989年紅白のオファーがあったけど断った理由。
昔は応援合戦といろいろかがあって、個人の歌手とかグループのメインメンバーとかが参加していた
(ほかにも歌・応援合戦以外の出し物があって、12月初めからそのリハーサルもやっていたと記憶しています)。
香ちゃんはそういうのはやりたくなかった。
あっこちゃんが香ちゃんの代わりにそういうのをやってもいいと言っていたけれど、
NHKサイドからやっぱり「(バンドの顔の)メインボーカルの人に」と来るんじゃなないかと思った。
ほかのメンバーも出たがっていたけれど、
2日から武道館のライブがあるから香ちゃんに言えずに遠慮していたらしい。
紅白の出番はPM11:00ごろ。
普段はこの時間は寝ているメンバーもいるので寝てしまわないように起きていた。
その後は紅白のラストの「え?」の真相の話。
メンバーはステージ後の方にいた。目立ちたい人は真ん中へ行くらしい。
出番もすんだのでイヤーモニターを外していた。
きょんちゃんのご両親が見に来ていたので、「あ、いた」と手を振ってたりしていた。
そこに総合司会の有働アナが近づいてきて、何を質問したかよくわからなかったので「え?」と言ってしまった、
もう1度の質問の最後「どうですか?」だけは口の動きで何となくわかって、プリプリの再結成を振り返ってのことを話した。
質問と答えが今ひとつかみ合っていないのはそういう理由だったんですね。
で、有働さんはプリプリのファンだったそうです。
プリプリの紅白出演の反響は大きかったようで。
NHKでの会見の帰りに乗ったタクシーの運転手さんには「おめでとうございます」と言われ、
ご近所さんにも言われ、お正月に行ったキッザニアではファンに握手を求められ、
見ていた子どもたちからは「お母さんあの人泣いているよ、どうしたの?」と聞かれたと話してました。
ブログでちょろっと出た「おりあつ」の話。やってほしい?と香ちゃんが聞く。
ファンからはやってほしいとの声多数。
会場はもう少し小さい所、と香ちゃんが言うと、えーと声が上がる。
おりあつで全県という声も上がる。それは難しいと。
会場はイチヤンと相談するよ。ブログもチェックしてね。と話していました。
おりあつは本当に実現はするのか・しないのか、とりあえず話だけで未知数な感じの企画です。

MC5
「錆びつきブルース」はCDのクレジットを見たら自分の作曲になっていた。
加奈ちゃんが歌っているので加奈ちゃんの曲だとばかり思っていた。
産みっぱなしにしたまま放っといていた子なので、取り上げることにしたと言ってました。 歌詞のSGがレスポールになってました。

MC6
「Diamonds」は不思議な曲だと言っていました。
みんなに幸せが降ってくる、そういう曲だと。
仙台のライブで歌っていて幸せを運んでくる感じがしたとも言っていました。

MC6
プリプリの再結成を通じてみんなに音楽に引き戻された、みんなに連れ戻してもらった、と言っていました。
香ちゃんは一つのことに集中するタイプなのはファンは知っていると思います。
子どもが生まれてからは子育てに集中していた。
イチヤンから言われたこともあって、準備体操ライブで音楽も再開してはいたけれど、
音楽に戻り切れていなかったの。
ライブのオープニングでただいまと言ったのは、音楽に帰ってきたから。
音楽モードがONになってから曲をいくつか書いたようですね。
ラストは新曲、まだタイトルはなく初日のリハに出来上がったと言っていました。
きょんちぁんに詞を発注するつもりだったんだけど、ライブでみんなに聴かせたい、
頼んでたら間に合わないので自分で詞を書いたと言ってました。

12日は新曲の後、さらにアンコールの声が上がりそれに応えて香ちゃんが登場。
準備体操ライブはこれで終わりだけど、今度は準備体操じゃないライブで逢いましょう、と言ってました。
「ありがとう、これが今の私よ」
音楽モードがONになっった香ちゃんの、次回のライブが楽しみになってきました。
後日ちょっと検索したら、「タイトルがまだない新曲」の歌詞を載せているブログがありました。
「岸谷香 Cry Baby 赤坂小町」で検索すると出てきます。
歌詞を見ると「妄想サニーデイズ」ですね。

オフィシャルサイトのライブレポート → http://www.kaorikishitani.com/report.html




関連記事

岸谷香 2 2013〜2017
岸谷香 準備体操ライブ〜さびないようにね!パート5〜
岸谷香・渡辺敦子 おりあつ 追加ライブ 〜もいちど、やりたい放題2014〜
岸谷香 2014 LIVE TOUR 47th SHOUT! "いくわよー!!"


関連リンク

岸谷香オフィシャルサイト さびないようにねパート6 Finalレポート

ホーム・トップページホームへ戻る サイトマップサイトマップへ戻る